嘘も本当も本音で話したい

好き嫌いを喋るなら、建前なんてすっ飛ばして本音で話したいですよね。

*

スマップ解散で今後、キムタク以外のメンバーに待ち受ける茨の道

   

2016年初めに世間を騒がせたスマップ解散騒動。

スマスマでの生謝罪もあり一時は解散を免れましたが、やはり年内で解散すると決まってしまいました。

個人的には、木村拓哉さんが他の4人と一緒に独立していればスマップという形は維持できていたのではないかとずっと思いますが、キムタクにもキムタクなりに守るべき家族があるのでしょうがないのかなと思っています。

解散の発表がリオデジャネイロオリンピック中で、中居さんがブラジル入りしているという事で生放送などで解散発表はなく、スマップ各メンバーからコメントが出される形となりました。

スマップ解散に際しメンバーから発表されたコメント全文

各メンバーから発表されたコメントは以下の通りです。

中居正広さん

「ファンの皆様、関係各位の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…」

木村拓哉さん

「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

稲垣吾郎さん

「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意思をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました」

草彅剛さん

「この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います」

香取慎吾さん

「ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。僕らSMAPは解散いたします。応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

4人のコメントと一線を画し違和感のあるキムタクのコメント

こうして5人のコメントを並列すると明確にキムタクのコメントだけが浮いています。

キムタクを除く他メンバーは
「ご迷惑をおかけしました」「今までありがとうございます」「たくさんの方々に感謝します」と素直に現実を表明しています。

それに対してキムタクのコメントを改めて読み返すと
「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

このコメントで違和感を覚える部分を抽出すると
「5人揃わなければ何も出来ないので飲み込むしかないのが現状」
「正直なところ本当に無念」
「スタッフの皆さんを無視して」
「本当に情けない」
このあたりです。

他のメンバーとは違い、キムタク一人だけは「今後もスマップを続けていく意思がある、だが5人揃わないと何もできない、スタッフを無視して情けない」といった意味合いのコメントになっています。

恨み節ともとれるし、キムタク以外の中居・稲垣・草彅・香取の4人を暗に悪者に仕立て上げようとしているようにも取れます。

自分だけがスマップ存続に向け奔走したものの自分の力及ばず、というニュアンスがコメントから漂っているように感じました。

メリー喜多川・ジュリー景子VS飯島三智

もともと2016年の始めにスマップ解散、ジャニーズから独立という騒動が起きました。

事の発端はジャニーズ事務所内の派閥争いと、実質的な女帝であるメリー喜多川のパワハラが原因という説があります。

週刊文春のインタビュー内でメリー喜多川が派閥争いに関し
「派閥があるならそれは私の管理不足。私の娘が会社を継いで何がおかしいの?」と娘であるジュリー景子の次期社長就任を事実上明言したそうです。

そしてスマップの育ての親である飯島氏を呼び出し
「対立するならスマップを連れて行ってもいいから今日から出て行ってもらう。あなたは辞めなさい。」と記者の面前で言ったそうです。

もちろん週刊誌の記事を真に受ける訳にはいきませんが、ここまで登場人物の名前が明記されている記事は、「関係者」のコメント等と比べ信憑性が高いのは事実です。

そしてこの一件で飯島氏はジャニーズからの独立を考えるようになり、メリー喜多川氏から言われたように、スマップを連れて独立をしてスマップを引き取ってくれる芸能事務所を探すようになったそうです。

一説によると、中居を公私ともに可愛がっているタモリが所属している田辺エージェンシーがスマップを5人まとめて預かる話もできていたそうです。

ところがスマップの中でキムタクだけが
「事務所と明らかな軋轢がないのに退社はできない、ジャニーズに育てられた恩がある。」と言い、ジャニーズ事務所に残る方向で動き始めます。

その結果、キムタクはジャニーズ残留、中居・稲垣・草彅・香取はジャニーズから独立、という構図ができ、スマップがまとまらなくなってしまいました。

ジャニーズとスマップの契約は2016年9月まで

スマップの解散は2016年12月31日ですが、スマップとジャニーズの契約は2016年9月で一度切れるそうです。

通常契約は1年ごとに行われるので、2016年9月に切れる契約は2017年9月までで再契約という流れが通常です。

という事はスマップメンバーはジャニーズ事務所に残りながらスマップでの活動を辞めることになります。

木村拓哉さんは初めからジャニーズ残留を選んでいたのでこれからもジャニーズとして活動していくのでしょうが、他のメンバーはどうなるのでしょうか。

個人的には今年はジャニーズに残るとしてもいずれは独立の道を選ぶだろうと思います。

その時に中居正広さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんにどのような道が用意されているのか。

もちろん茨の道となるのは目に見えています。

ただジャニーズに残ったところでキムタクとは違い、扱いやジャニーズ内での序列は悪くなるのは容易に想像できます。

以前にも書きましたが、キムタクひとりがジャニーズ残留の道を選んだことで、他の4人は残留しても地獄、独立しても地獄、という状況に追い込まれてしまいました。

キムタクはジャニーズ幹部候補の椅子が用意されているので問題ないですが、他の4人の今後は、多少厳しい面はありつつも明るい未来が拓けている事を望んでいます。

ジャニーズ事務所から送られたファックス全文

報道関係者各位

 弊社所属アーティスト「SMAP」今後のグループ活動につきまして

 いつもSMAPをご支援頂き、有難うございます。これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりましたSMAPの今後の活動につきましてメンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

 デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日までの半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽番組を辞退させて頂いた経緯がございました。8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでグループ活動を暫く休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

 25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることが出来ず本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

 本年を持ちまして、SMAPは解散させていただくことになりますが5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。今後ともご支援とご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

  株式会社ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所からのコメントを読んでの個人的な印象

上記のファックス全文を見ても、どうもジャニーズ事務所側としても「スマップ解散はメンバー数名の強い要望によるもの」として処理をしたいのかなという印象を受けました。

当然、解散はスマップメンバー数名の意思だと思いますが、そのように意思を固めさせたのはジャニーズ事務所内のゴタゴタやメリー喜多川氏によるパワハラであった、と個人的には受け取っています。

ジャニーズ事務所の印象操作も巧いとは思いますが、個人的にはキムタクやジャニーズではなく、他の4人のメンバーを応援していきたい気持ちが一層強くなりました。

 - SMAP解散危機