嘘も本当も本音で話したい

好き嫌いを喋るなら、建前なんてすっ飛ばして本音で話したいですよね。

*

東京都内で楽しめる紅葉名所19選(23区内限定)まとめ2016年

      2016/10/09

秋と言えば紅葉です。読書より食欲よりスポーツよりも紅葉です。

せっかく日本という四季折々の景色が楽しめる国に生きている訳ですから、紅葉の時期は紅葉を思う存分楽しみたいもの。

紅葉の名所は日本全国にありもちろん東京近郊にも有名な場所はたくさんあります。

ただ都内近郊と言っても高尾山や千葉の養老渓谷や埼玉の長瀞などは立地的に遠いのが難点です。

という訳で今日はアクセス面を考慮して、東京都23区内で楽しめる紅葉スポットをご紹介します。

渋谷区の紅葉スポット

明治神宮外苑

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】JR信濃町、東京メトロ外苑前・青山一丁目から徒歩10分
言わずとしれた都内有数の紅葉スポットでありアクセスバツグンなのが特徴の明治神宮外苑。300メートルほど続くイチョウ並木が彩る黄金の道は圧巻です。さらに樹高が高い順に計算して植えられているため遠近感と奥行が感じられて見栄えもバッチリです。11月下旬から12月に上旬にかけて神宮外苑いちょう祭りもやっています。

代々木公園

【見ごろ時期】11下旬から12月上旬 
【アクセス】JR山手線原宿駅から徒歩5分
総面積54万㎡を誇る都内有数の大公園としておなじみの代々木公園。1000本のケヤキ、200本のイチョウ、100本のモミジなど紅葉スポットとしては都内でも定番であり王道の場所です。もちろん公園なので広場やベンチなども設置されていて1日散策できます。また原宿側の出口を出ればすぐそばに表参道のイチョウ並木もあるのでそちらも同時に楽しめるのも特徴。

有栖川宮記念公園

【見ごろ時期】11月中旬から12月中旬 
【アクセス】東京メトロ広尾駅から徒歩3分
都内でも有数の広さを誇る有栖川宮記念公園。名前から分かる通り、もともと宮家の御用地でした。丘の斜面を利用して作られた回遊式の庭園なので、丘や渓谷や池など地形の変化に富み、ただ歩くだけで楽しめます。もちろん紅葉も美しく、広尾という都心にあるためアクセスの良さもメリットです。

表参道

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】JR原宿から徒歩7分、東京メトロ表参道から徒歩2分
表参道と言えば冬にイルミネーションの名所として有名です。ただイルミネーションだけでなく、その前の紅葉も見応えがあります。青山通りから神宮橋交差点(明治神宮前)にかけての1キロほど続くケヤキ並木が日の当たり具合によってキレイにグラデーションに色づきます。イルミネーションの時期は歩道橋にはカップルが多数いますが、紅葉も歩道橋から良く見えオススメです。

新宿区、千代田区の紅葉名所

新宿御苑

【見ごろ時期】11月上旬から12月上旬 
【アクセス】東京メトロ新宿御苑前駅徒歩5分
もともとは皇室庭園として造られ、戦後に一般公開された新宿御苑。敷地面積50万㎡を超える規模もさることながら、ひとつの庭園の中でフランス式庭園、イギリス風景式庭園、日本庭園など多彩で和洋両面で楽しめるのが特徴です。春の桜も有名ですが紅葉の時期も見応えあります。

靖国神社

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】東京メトロ九段下より徒歩5分、JR飯田橋、市ヶ谷徒歩10分
靖国神社というとどうしても政治的なものが想起されがちですが、先入観を抜きにしてひとつの神社として見た時にこの時期の紅葉はかなり見応えがあります。第一鳥居と第二鳥居の間の参道の両側にならぶイチョウ並木が非常に美しいです。本殿の裏側には小さ目ですが日本庭園と池と茶室があり、こちらではモミジの色味が映えます。

文京区の紅葉名所

小石川後楽園

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】JR飯田橋、東京メトロ後楽園から徒歩8分
もともと徳川家の屋敷内に作られたもので、回遊式の泉水庭園になっています。日本や中国の自然を表現していて、散歩するだけでその美しさに打たれます。単なる公園じゃなく庭園はやっぱりキレイです。

六義園

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】東京メトロ駒込から7分
こちらも庭園式の名庭園です。山や池を配した園内のあらゆる場所でイチョウやカエデ、モミジの紅葉が楽しめます。もちろん昼も素晴らしく美しいですが、夜にはライトアップされ更に幻想的な雰囲気になるのでデートにも使いやすい紅葉スポットです。

中央区、江東区の紅葉スポット

浜離宮恩賜公園

【見ごろ時期】11月下旬から12月中旬 
【アクセス】都営地下鉄汐留、築地市場から徒歩7分、JR新橋駅から徒歩12分
非常に手入れの行き届いたキレイな公園で、とくに春は桜や菜の花で有名ですが、8月から10月頃にかけてはコスモスなど四季折々の風景が楽しめ、秋には紅葉も楽しめます。園内にある池は潮入で海水を引いているので汐の満ち引きによって池の興趣もその都度変わります。潮入の池の中央にある中島には御茶屋もあり美しい景色を見ながら休憩することもできます。敷地面積のわりに紅葉の本数自体は少ないですが、ボタン園や季節のお花畑などお花鑑賞が楽しめる公園で、居心地のよさは抜群です。

清澄庭園

【見ごろ時期】11月中旬 
【アクセス】東京メトロ、都営地下鉄の清澄白河駅から徒歩3分
庭園系なので造形に変化があり散策するだけでも楽しめます。泉水という広い池が庭園の要で、水面に島や数寄屋造りの建物があり、紅葉の色彩に映えます。泉水、築山、枯山水を主体とした回遊式林泉公園として、現在は東京都の名勝に指定されています。六義園などと比べると小規模な庭ですが、清澄白河という街自体が今「サードウェーブコーヒー」などで勢いがあるので、街の散策と合わせて楽しみたい庭です。

目黒区、世田谷区の紅葉スポット

国立科学博物館付属自然教育園

【見ごろ時期】11月中旬から12月中旬 
【アクセス】JR山手線目黒駅から徒歩7分
立地条件がよく都心のど真ん中にありながら、昔の武蔵野の自然がそのまま残っているような趣のある自然教育園。園内は丘や池など変化に富み、四季折々の植物が年中通して見られますが、秋の紅葉はかなりの見物です。自然教育園というだけあり、水鳥の池や小鳥の森など生息鳥類も多く、そういった面でも楽しめます。

駒沢オリンピック公園

【見ごろ時期】11月中旬から12月中旬 
【アクセス】東急田園都市線駒澤大学駅から徒歩13分
40万平方メートルを超える超広い敷地面積を誇る都内でも有数の公園です。家族連れでも楽しめるような遊具やスポーツ施設も整えられていて家族連れにはもってこいの紅葉スポットです。駒沢通り沿いのイチョウ並木は黄金のトンネルです。

砧公園

【見ごろ時期】11月中旬から12月上旬 
【アクセス】東急田園都市線用賀駅から徒歩20分
もともとゴルフコースだった土地を公園にしたため広大な芝生が広がるのが特徴の砧公園。広大な芝生と、その上を彩る様々な色の木々が楽しめる公園で、子ども用アスレチックなどもある為家族連れが多いのが特徴です。散策に向いています。近くには世田谷美術館もあるのでそちらに寄るのもおススメです。

豪徳寺

【見ごろ時期】11月中旬から12月上旬 
【アクセス】東急世田谷線宮の坂駅から徒歩5分
豪徳寺と言えば五重塔ならぬ三重塔として知られていますが、その三重塔を彩るモミジが鮮やかに盛り立てます。規模が大きいお寺ではないですが紅葉の趣はかなりのものがあり、実はひそかにオススメの場所です。小規模な京都といった趣で落ち着きと雰囲気のある大人の紅葉スポットです。

墨田区、台東区、北区の紅葉名所

向島百花園

【見ごろ時期】11月下旬から12月中旬 
【アクセス】東武スカイツリーライン線向島駅から徒歩8分。
もともと江戸の商人文化が花開いた時代に骨董商である佐原鞠塢が開設した植物庭園。四季を通じて花が咲くように設計されていて、後楽園や六義園と比べると庶民的な美しさが特徴です。大きな名庭園にはない趣があり、これはこれで美しいです。

上野恩賜公園

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】JR上野駅すぐ
明治6年に日本初の公園に指定された公園のひとつ。江戸時代から桜の名所として知られていますが紅葉の季節も見どころ満載。国立博物館の正面側にあるイチョウ並木、公園入口すぐにある夫婦イチョウなど、桜の時期だけでなく秋も楽しめます。また有名な西郷隆盛の銅像や、他にも美術館や博物館もあるので街全体を楽しめます。

旧古河庭園

【見ごろ時期】11月中旬から12月初旬 
【アクセス】東京メトロ西ヶ原駅、JR上中里から徒歩7分、
旧古河庭園はもともと明治時代に外務大臣を務めていた陸奥宗光の邸宅があった場所です。宗光の次男が古河家の養子になり古河家に所有が移り、現在の庭園と洋館が造られました。英国建築家ジョサイア・コンドルが設計した洋風庭園と日本の小川治兵衛作の日本庭園があり、洋風庭園ではバラなどが見られ、日本庭園ではハゼやモミジの紅葉が楽しめます。ちなみに洋館の見学には往復はがきによる事前申し込みが必要なのでそこに注意が必要です。

杉並区の紅葉スポット

大田黒公園

【見ごろ時期】11月下旬から12月上旬 
【アクセス】JR荻窪駅から徒歩10分
紅葉の名所としてあまり名前の上がらない割にけっこう楽しめる穴場スポットがこの大田黒公園です。公園と名がついていますが遊具や広場のある公園ではなく庭園に近いです。実際に大田黒というのは音楽評論家の草分け的存在である大田黒元雄氏の元邸宅で、そこを庭園風に改築したのが大田黒公園です。敷地面積は2700坪ほどでそこまで広くないですが、記念館や石畳、池や東屋など景観の変化に富み、紅葉が非常に映えます。また夜にはライトアップされ、光に照らされたモミジが池に映る様子はまさに幻想の世界です。

和田堀公園

【見ごろ時期】11月上旬から11月下旬 
【アクセス】京王井の頭線西永福駅から徒歩15分
和田堀公園は善福寺川に沿って広がる公園で、23区内では数少ない閑静で広大な緑地帯によって形成されている公園です。春は桜の名所として知られていますが秋の紅葉も見事で、日当たりや木の種類によってグラデーション状に色づく紅葉が楽しめます。野鳥観察スポットとしても有名で、希少種のカワセミやウグイスの姿も観測されています。さらに都市型公園としてテニスコートやバーベキュー場やサイクリング広場もあり家族連れでも楽しめる公園です。

 - 季節のイベント, 紅葉名所