嘘も本当も本音で話したい

好き嫌いを喋るなら、建前なんてすっ飛ばして本音で話したいですよね。

*

【M-1グランプリ2015結果】全ネタ、全採点者の得点。+個人的な感想と得点。

      2016/12/12

5年ぶりにM1グランプリが復活するということで今更M1かと思っていましたが、昔のM1とは違いもあって楽しく観れました。

参加資格が結成15年以内に変更

昔のM1は結成10年以内のコンビしか出場資格がなかったですが、今回は結成15年以内と規定が変わりました。

やっぱり芸人は30歳くらいから面白くなると思っているので、この改定は個人的にかなり嬉しかったです。

あと単純に今の時代は40歳くらいで中堅、30過ぎでも若手と言われる時代なので結成10年なんてひよっこ過ぎるので、15年以内になってよかったです。

なんなら結成20年以内でも良いくらいだと個人的には思っています。

歴代M1王者が審査員に

あと今回のM1は審査員が変わっていました。

ダウンタウンの松ちゃんもいないし島田紳助ももちろんいないしラサール石井もいないし大竹まこともいなかったです。

今回の審査員はアンタッチャブルを除く歴代M-1優勝者ということになっていました。

具体的には笑い飯の哲夫、パンクブーブーの佐藤、NON STYLEの石田、サンドウィッチマンの富澤、チュートリアルの徳井、ブラックマヨネーズの吉田、フットボールアワーの岩尾、ますだおかだの増田、中川家の礼二の9名。

ちなみにそれぞれの得点からそれぞれのお笑いの好みもなんとなく分かってきて面白かったです。

決勝進出者のネタと全採点者の得点

決勝に進出したのは全部で8組で、あとは敗者復活から1組が勝ち上がってくる仕組みになっていました。

各コンビのネタで個人的に受けたフレーズと各採点者の採点を整理しておきます。

メイプル超合金 「誰も知らない超ダークホース」

2012年結成、サンミュージックプロダクション所属。

結成3年目でM-1決勝進出ですごいなと思ったら、どちらも芸歴はそれなりにある30歳越えのコンビでした。とくにカズレーザー(男の方)の落ち着きっぷりが結成3年目とは思えずに感心しただけに、芸歴がそれなりにあると知った時はちょっと残念でした。

ネタでは、犬のごはんの話でお湯の煮込み、西の芸人の方が芸歴にうるさい、平均体重底上げ担当大臣、自分のことを「話の通じる相手じゃないんだから」、ここワイファイ飛んでんな、局の電波が浸みる、あたりが印象に残りました。

ネタの最後で思いっきり噛んだのが惜しかったですが、噛んだのをその後すぐ笑いにした堂々っぷりが良かったです。

得点は、
笑い飯哲夫89、パンク佐藤89、ノンスタ石田89、サンド富澤92、チュート徳井91、ブラマヨ吉田85、フット岩尾89、ますだおかだ増田85、中川家礼二87。合計796点でした。

馬鹿よ貴方は 「静かなる毒舌漫才」

2008年結成、オフィス北野所属。
THE MANZAI2014年決勝進出。

オフィス北野からは東京ダイナマイト以来のM-1決勝進出となった馬鹿よ貴方は。去年THE MANZAIで観た時の衝撃が強すぎたため、今回楽しめるか不安でしたが楽しく観れました。

ネタの中では、ゆるキャラ好き、脳みそ直に観たことあるのか、顔を菱形にしてやろうか、私はきったないおにぎりやですと言ってみろ、挫折のお茶、すいません腰骨がないんですけど、なんかが印象に残りました。

あとネタの最後の「大丈夫ですよ」の連呼は引っ張りすぎてお客さんの笑いも一周して収まったところでネタが終わって尻すぼみ感が出てしまってちょっと残念でした。

得点は、
笑い飯哲夫90、 パンクブーブー佐藤90、ノンスタ石田83、サンド富澤93、チュート徳井89、ブラマヨ吉田83、フット岩尾90、ますだおかだ増田85、中川家礼二88。合計791点でした。

ちなみに敗退時のコメントで「やっとM1らしくなってきましたね。」と言ったところはめちゃくちゃ笑いました。

スーパーマラドーナ 「震える子羊ボケまくる!」

2003年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。
THE MANZAI2012ファイナリスト。

審査員の誰か(パンクブーブーの佐藤?)も言ってましたが、徐々に盛り上がるネタの構成と伏線の回収の仕方がキレイな印象が強かったスーパーマラドーナ。

ネタの中では、奥歯にうんこついてまうやろ(これが最後あたりの「けつから手つっこんで奥歯がたがた言わせたろか」につながる)、料理界の川越シェフ、即死やったん、できたらはよ作って、パンツ被ってどうなる予定やったん、香川照之さんに似てますよね、あたりが印象に残りました。

得点は、
笑い飯哲夫90、パンクブーブー佐藤93、ノンスタ石田88、サンド富沢91、チュート徳井89、ブラマヨ吉田90、フット岩尾93、ますだおかだ増田87、中川家礼二92。合計813点でした。

タイムマシーン3号に高得点をつけた石田が「タイムマシーン3号は同期で~」と言った時に「おい石田、俺らも同期やろ!」と言ったのが面白かったです。

和牛 「心にさされ!非情な愛のボケ」

2006年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。
THE MANZAI2014ファイナリスト。

これは好みの問題なのでしょうがないですが、個人的にボケの役がネタとはいえウザすぎて耐えるのに苦労しました。本質的にああいった要素がその人の内面に存在しなければあんなネタにならないような気もしたしちょっと引きました。

あとツッコミの滑舌がめちゃくちゃ良かったです。

得点は、
笑い飯哲夫88、パンクブーブー佐藤90、ノンスタ石田88、サンド富澤90、チュート徳井90、ブラマヨ吉田86、フット岩尾92、ますだおかだ増田92、中川家礼二90。合計点は806点。

ジャルジャル 「フリースタイルが止まらない!」

2003年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。
M1 2010ファイナリスト、キングオブコント2009・2010ファイナリスト。

キングオブコント、M-1ともにファイナリストまで残ったことのある実力あるコンビですが、ネタによって面白さの落差が激しすぎてチャンピオンになれない印象のあるジャルジャル。

ちなみに今回は1本目のネタは上手かったし最強に面白かったです。個人的には100点をつけたいくらいでした。

とくに印象に残ったのは、ゴトウとイントネーションのイントネーション、幼き頃、膝の峠越え、左側から右肩を叩くところ、リングリリングリの絶妙な滑り具合、子どもの小便百たたり、雷坊主の添い寝節、終わりし頃に、あたりでした。かなり面白かったです。

あとネタ終わりに今田が右から左肩たたいてたのも良かったです。あれは今後もバラエティ番組で使えそうだし良かったです。

得点は、
笑い飯哲夫93、パンクブーブー佐藤93、ノンスタイル石田94、サンド富澤94、チュート徳井96、ブラマヨ吉田90、フット岩尾96、ますだおかだ増田89、中川家礼二89。合計点は834点でした。

銀シャリ 「昭和をまとった新世代 再び!」

2005年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。
M1 2010決勝進出、キングオブコント2012ファイナリスト。

正直ボケは普通のこと言ってるだけのような気がしないでもないですが、その分ツッコミの鋭さが際立ちます。ことごとく語呂が良く聞いていて気持ちいいツッコミです。

ネタで印象に残ったのは、大変興味深いですねあなた、麹のお化けにとりつかれとんのかお前は、メガネしてるからといって何でも知ってると思うなよ、チリチリソース?なんか燃えてない、ドシドシ応募してくんな、セルフで切れてるやん、株式会社野菜からベンチャーおこしてんねん、あたりです。

あとネタが終わったあとに今田耕司が橋本に「年上と喋ってるみたいやわ」と言っていたのが言い得て妙でした。

得点は、
笑い飯哲夫92、パンクブーブー佐藤89、ノンスタイル石田87、サンド富澤92、チュート徳井95、ブラマヨ吉田89、フット岩尾92、ますだおかだ増田91、中川家礼二91。合計818点でした。

ハライチ 「澤部、今日も騒ぐってよ」

2005年結成、ワタナベエンターテイメント。
M1 2009、2010決勝進出。

芥川賞芸人又吉を擁するピース以上にコンビ間格差がすごいと言われるハライチ。コンビの紹介文も「澤部、今日も騒ぐってよ」と澤部フィーチャーで岩井の方がちょっとかわいそうになりました。

ネタで印象に残ったのは、梨持たせますね、牛の頭を10個用意してください、ネズミの皮で作った袋、あたりでした。なんとなくボケが違いを出そうとしすぎた感じがしたのと、昔のM-1はもっとポンポンとテンポが心地好かったような気がしました。

得点は、
笑い飯哲夫87、パンクブーブー佐藤88、ノンスタイル石田86、サンドウィッチマン富澤89、チュート徳井89、ブラマヨ吉田83、フット岩尾85、ますだおかだ増田89、中川家礼二92。合計788点でした。

敗退したあとにアナウンサー(ヒロド歩美?)が澤部にマイクを向けたときに「向けるなマイク!」と怒鳴り気味のリアクションが怖かったです。

あの状況でマイクを向けるアナウンサーも良くないですが、澤部もあんな怖い口調で注意しなくても良いのになと思いました。あの場面はめちゃくちゃ引きました。

なんとなく昔M1で猛威をふるっていた時と比べ、澤部の人間としての絶対的な憎めなさみたいなのが薄れてきたのが今回の得点の伸びなさにも繋がったのかなと思いました。

タイムマシーン3号 「器用なおデブさんは好きですか?」

2000年結成、太田プロダクション。
M-1 2005決勝進出。

言われたフレーズを全部デブのフレーズに言いかえる、次は言われたフレーズを全部ヘルシーに言い換えるという分かりやすい構成のネタでした。

印象に残ったのは、漫才ぜんざい、やってることジョイマンじゃん、トングはデブのシルバーアクセ、借り暮らしのアリエッティ、バスガス爆発パクパクパクパク、ヘルシーの使い手、風の谷のナウシカ風呂の水がヘルシア、うわぁ身体が特保のマークに、あたりです。

あとツッコミの方のスーツのジャケット着丈長すぎた気がしました。

得点は、
笑い飯哲夫88、パンクブーブー佐藤91、ノンスタイル石田94、サンド富澤93、チュート徳井88、ブラマヨ吉田89、フット岩尾90、ますだおかだ増田90、中川家礼二93。合計816点でした。

トレンディエンジェル

2004年結成。よしもとクリエイティブ・エージェンシー。
THE MANZAI2012、2014ファイナリスト。

敗者復活で勝ちあがってきたのがトレンディエンジェル。

1本目のネタは個人的にはそこまですごくないというか、気志團の曲に合わせて相方の髪の毛つまんで自分の頭皮に乗せて「俺んとこ来ないか」と言ったところが印象に残ったくらいでした。

でもお客さん受けの良さはハッキリと分かるしお茶の間受けの良い笑いに特化した感があって、それが今回のM-1の中では逆に新鮮な感じでした。

「斎藤さんだぞ」のキャッチ―さは凄いです。

得点は、
笑い飯哲夫91、パンクブーブー佐藤92、ノンスタイル石田92、サンド富澤93、チュート徳井88、ブラマヨ吉田93、フット岩尾89、ますだおかだ増田93、中川家礼二94。合計825点でした。

フット岩尾が敗者復活と掛けて「ハゲてる時点で一回負けてますからね。」と言っていたのが面白かったです。

決勝ファーストラウンドの順位

1位 ジャルジャル 834点
2位 トレンディエンジェル 825点
3位 銀シャリ 818点
4位 タイムマシーン3号 816点
5位 スーパーマラドーナ 813点
6位 和牛 806点
7位 メイプル超合金 796点
8位 馬鹿よ、貴方は 791点
9位 ハライチ 788点

最終決戦はジャルジャル、トレンディエンジェル、銀シャリの3組

最終決戦に進んだのは1位ジャルジャル、2位トレンディエンジェル、3位銀シャリの3組です。

ネタ順はジャルジャルが3番目を選び、トレンディエンジェルが2番目を選び、銀シャリが1番目になりました。

銀シャリ 最終決戦ネタ

1本目同様、ボケはけっこう普通のことを言いながら切れ味鋭いツッコミが冴えわたる感じのネタで、語呂の良いツッコミが心地好かったです。

ネタの中では、壁細いって何やねん、となり人、なんで一旦レンタルされてんねん、おぎやー、「やー」強いね、運命をさだめ、残り砂最後のひと落ちで起きんの、静寂のうの字もないで、静寂にうの字はないで、悪いマグロ出てったよ、いったん仕入れとるのおまえやん、いきなり怒りの沸点叩きだす?、あたりが印象に残りました。

トレンディエンジェル 最終決戦ネタ

1本目は微妙だと思ったトレンディエンジェルですが、2本目はめちゃくちゃ面白かったです。どっかんどっかんウケてましたしめっちゃ笑いました。あと平和な感じがテレビ向けで良い感じです。

ネタで印象に残ったのは、杉田玄白、「解体新書 これ出版しといて~」、シャンプークリニカ、日本男児だからいっちゃいますよね、上底+下底×高さ、俺のお尻台形なの?、ジャブジャブストレートヘア、リンスをつけたら道端アンジェリカ、サイザップ、頭髪30ぱーカット、あたりです。

特に解体新書のくだりがめちゃくちゃウケました。

ジャルジャル 最終決戦ネタ

ジャルジャルは1本目のネタの延長のようなネタでしたが、個人的には1本目よりグレード落ちした感じがして勿体なかったです。

ネタで印象に残ったのは、担任のオズカガです、氷のヘルメットで頭冷やしてこい、ことばのアドバンス、あたりです。

ジャルジャルは発想が独特な割に雰囲気はポップでおもしろいけど、引っ張りぐぜが強すぎるところやネタによる面白さの落差が激しくて、最終決戦のネタは1本目と比べるとかなり落ちた感じでした。

最終決戦の投票結果

笑い飯哲夫:ジャルジャル、
パンクブーブー佐藤:トレンディエンジェル、
ノンスタイル石田:トレンディエンジェル、
サンドウィッチマン富澤:トレンディエンジェル、
チュートリアル徳井:銀シャリ、
ブラマヨ吉田:トレンディエンジェル、
フット岩尾:銀シャリ、
ますだおかだ増田:トレンディエンジェル、
中川家礼二:トレンディエンジェル

ということでトレンディエンジェルがM-1 2015チャンピオンになりました。

各採点者の得点を並べ直すとそれぞれの好みが見える

ここでは各採点者がそれぞれ、ファーストラウンドの各ネタに何点つけたかを整理してみます。

各採点者がそれぞれのネタにつけた点数と順位で、その採点者のお笑いの好みみたいなものが少し分かるかもしれません。
※カッコ内は実際のファーストラウンド順位です。

笑い飯哲夫の採点

1位 ジャルジャル 93点(1位)
2位 銀シャリ 92点(3位)
3位 トレンディエンジェル 91点(2位)
4位 スーパーマラドーナ 90点(5位)
4位 馬鹿よ、貴方は 90点(8位)
6位 メイプル超合金 89点(7位)
7位 タイムマシーン3号 88点(4位)
7位 和牛 88点(6位)
9位 ハライチ 87点(9位)

1,2,3位にしたコンビが全部最終決戦まで進んでいて、上位は順当な順位づけでした。あとはメイプル超合金と馬鹿よ、貴方はの順位が高くて、この辺りは好みが出ている感じです。

個人的には哲夫の順位が一番しっくり来ました。

パンクブーブー佐藤の採点

1位 ジャルジャル 93点(1位)
1位 スーパーマラドーナ 93点(5位)
3位 トレンディエンジェル 92点(2位)
4位 タイムマシーン3号 91点(4位)
5位 和牛 90点(6位)
5位 馬鹿よ、貴方は 90点(8位)
7位 銀シャリ 89点(3位)
7位 メイプル超合金 89点(7位)
9位 ハライチ 88点(9位)

スーパーマラドーナの点数がやたら高く銀シャリは7位になっていました。下位は実際の順位と近い点数になっていました。

銀シャリを7位にするあたりは、なんとなくボケの質や独創性にこだわりがあるのかなと思わせる順位付けでした。

ノンスタイル石田の採点

1位 ジャルジャル 94点(1位)
1位 タイムマシーン3号 94点(4位)
3位 トレンディエンジェル 92点(2位)
4位 メイプル超合金 89点(7位)
5位 スーパーマラドーナ 88点(5位)
5位 和牛 88点(6位)
7位 銀シャリ 87点(3位)
8位 ハライチ 86点(9位)
9位 馬鹿よ、貴方は 83点(8位)

実際の順位が3位だった銀シャリを7位にしている以外は大体実際の順位に近くなっています。

ノンスタと真逆っぽい芸風の馬鹿よ、貴方はが9位になっているあたりお笑いの好みを感じました。

サンドウィッチマン富澤の採点

1位 ジャルジャル 94点(1位)
2位 トレンディエンジェル 93点(2位)
2位 タイムマシーン3号 93点(4位)
2位 馬鹿よ、貴方は 93点(8位)
5位 銀シャリ 92点(3位)
5位 メイプル超合金 92点(7位)
7位 スーパーマラドーナ 91点(5位)
8位 和牛 90点(6位)
9位 ハライチ 89点(9位)

実際の順位が8位だった馬鹿よ、貴方はを2位につけるあたりに好みを感じました。

あとは実際の順位と同じような感じでまぁまぁ順当な感じになっています。というか最高点が94で最低点が89なのでほとんど差をつけていない感じでした。

チュートリアル徳井の採点

1位 ジャルジャル 96点(1位)
2位 銀シャリ 95点(3位)
3位 メイプル超合金 91点(7位)
4位 和牛 90点(6位)
5位 スーパーマラドーナ 89点(5位)
5位 馬鹿よ、貴方は 89点(8位)
5位 ハライチ 89点(9位)
8位 トレンディエンジェル 88点(2位)
8位 タイムマシーン3号 88点(4位)

トレンディエンジェルが8位になっていて、メイプル超合金が3位になっているのが印象的です。

ブラックマヨネーズ吉田の採点

1位 トレンディエンジェル 93点(2位)
2位 ジャルジャル 90点(1位)
2位 スーパーマラドーナ 90点(5位)
4位 銀シャリ 89点(3位)
4位 タイムマシーン3号 89点(4位)
6位 和牛 86点(6位)
7位 メイプル超合金 85点(7位)
8位 馬鹿よ、貴方は 83点(8位)
8位 ハライチ 83点(9位)

スーパーマラドーナの点数がやたら高いこと以外は、めちゃくちゃ実際の順位と近い結果になっています。

今大会の採点者の中ではもっとも採点が的確だったと言えるかもしれません。

ブラマヨ吉田と言えば言葉のチョイスの独創性がスゴイのが特徴ですが、シュールなボケでも絶対に外さないのがスゴイです。やっぱりウケに対するモノサシの絶対的な正確性みたいなものも武器になってるんだなと再認識しました。

フットボールアワー岩尾の採点

1位 ジャルジャル 96点(1位)
2位 スーパーマラドーナ 93点(5位)
3位 銀シャリ 92点(3位)
3位 和牛 92点(6位)
5位 タイムマシーン3号 90点(4位)
5位 馬鹿よ、貴方は 90点(8位)
7位 トレンディエンジェル 89点(2位)
7位 メイプル超合金 89点(7位)
9位 ハライチ 85点(9位)

岩尾もスーパーマラドーナをやたら高く採点していました。あとトレンディエンジェルの点数が低いのはなんとなくそんな感じがしました。

ますだおかだ増田の採点

1位 トレンディエンジェル 93点(2位)
2位 和牛 92点(6位)
3位 銀シャリ 91点(3位)
4位 タイムマシーン3号 90点(4位)
5位 ジャルジャル 89点(1位)
5位 ハライチ 89点(9位)
7位 スーパーマラドーナ 87点(5位)
8位 メイプル超合金 85点(7位)
9位 馬鹿よ、貴方は 85点(8位)

和牛がやたら高い点数で、実際の順位が1位のジャルジャルと実際の順位9位のハライチが同点数になるなど、結構個人の好みが出た感じの印象を受けます。

中川家礼二の採点

1位 トレンディエンジェル 94点(2位)
2位 タイムマシーン3号 93点(4位)
3位 スーパーマラドーナ 92点(5位)
3位 ハライチ 92点(9位)
5位 銀シャリ 91点(3位)
6位 和牛 90点(6位)
7位 ジャルジャル 89点(1位)
8位 馬鹿よ、貴方は 88点(8位)
9位 メイプル超合金 87点(7位)

上位4組のうち実際の最終決戦に進んだのはトレンディエンジェル1組だけで、かなり特殊な順位づけになっていました。

あとハライチが3位でジャルジャルが7位なのが印象的です。

個人的につけた点数

ちなみにまことに勝手ですが自分もテレビを観ながら点をつけていて、結果は
1位 ジャルジャル 99点(1位)
2位 銀シャリ 92点(3位)
3位 トレンディエンジェル 89点(2位)
3位 タイムマシーン3号 89点(4位)
3位 スーパーマラドーナ 89点(5位)
6位 馬鹿よあなたは 88点(8位)
7位 メイプル超合金 85点(7位)
8位 和牛 81点(6位)
9位 ハライチ 80点(9位)

こんな感じでした。

ファーストラウンドは個人的にはジャルジャルの圧勝でした。めっちゃ面白かったです。あとメイプル超合金はまだコンビとして成熟してない感じがして、カズレーザー(ボケの人)がピンでやった方が面白いんじゃないかと思いました。

最終決戦はジャルジャルがトーンダウンしたのに対し、トレンディエンジェルが爆発的に面白かったのでトレンディエンジェルの優勝です。

でも敗者復活組が満を持してオオトリで出てこれるのは順番的に少し有利すぎる気もしました。来年からは敗者復活組は無条件にいちばんはじめにやらせるようにすればもう少し公平になるような気がします。

とまぁ勝手に得点つけたりいろいろ書きましましたが、とりあえず全コンビめちゃくちゃ面白かったです。ありがとうございました。

 - M-1グランプリ